本文へスキップ

   

2018年新年礼拝後 集合写真



キリストの空中再臨


写真を更新しました

聖日礼拝メッセージ


2018年4月22日


ペテロに対するイエスの愛

『イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい」。』(ヨハネ福音書2117節)


2018年4月15日


弟子たちの思い煩い

『彼らが陸に上って見ると、炭火がおこしてあって、その上に魚がのせてあり、またそこにパンがあった。イエスは彼らに言われた、「今とった魚を少し持ってきなさい」。シモン・ペテロが行って、網を陸へ引き上げると、百五十三びきの大きな魚でいっぱいになっていた。そんなに多かったが、網はさけないでいた。…イエスが死人の中からよみがえったのち、弟子たちにあらわれたのは、これで既に三度目である』。(ヨハネ福音書219節)


2018年4月8日


トマスに対するイエスの愛



『十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれているトマスは、イエスがこられたとき、彼らと一緒にいなかった。ほかの弟子たちが、彼に「わたしたちは主にお目にかかった」と言うと、トマスは彼らに言った、「わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない」。

八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸は閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」。トマスはイエスに答えて言った、「わが主よ、わが神よ」。イエスは彼に言われた、「あなたはわたしを見たので信じたのか。見ないで信ずる者は、さいわいである」』。(ヨハネ福音書2024節)


2018年4月1日


復活の信仰




『さて、安息日が終って、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、墓を見にきた。すると、大きな地震が起った。それは主の使が天から下って、そこにきて石をわきにころがし、その上にすわったからである。その姿はいなずまのように輝き、その衣は雪のように真白であった。見張りをしていた人たちは、恐ろしさの余り、震えあがって、死人のようになった。この御使は女たちにむかって言った、「恐れることはない。あなたがたが十字架におかかりになったイエスを捜していることは、わたしにわかっているが、もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのである」』。(マタイ福音書281節)



教会行事
 

2017年4月1日

 
CS春のレクリエーション

お花見&卓球大会&バイキング!

2017年4月1日

 
復活祭礼拝

今年は6名の受洗者が与えられ感謝なイースターでした。

2017年2月18日
 
ケズィック神戸大会

市内の教会からたくさんの方が来られ恵まれた集会となりました

2018年1月7日

 
新年さんび大会

年初めの恒例、持ち寄りごはんと、さんびの時を持ちました

     
 写真と合わせてご報告します  聖日礼拝のメッセージです  関係教会をご案内します